【美印工房】個人認用角型はんこ:黒水牛12㍉角画像

【美印工房】個人認用角型はんこ:黒水牛12㍉角

商品説明
■12㍉角 :角型認印の標準的サイズです。
■13.5㍉角:ひと回り大きく見栄えのするサイズです。
■15㍉角 :ふた回り大きい堂々たる人気のサイズです。
東南アジアに広く生息する水牛の角を厳選して使用しています。
十分な硬さと適度な粘り気を合わせ持ち、欠けにくく、重要なはんこに好適です。
■牛革ケース ・彫刻5年間保証付です。
■フルネーム、または姓/名いずれか彫刻となります。

■堅牢度:(枠の欠けにくさ) ★★★★☆
■耐久性:(枠の減りにくさ) ★★★★☆
■捺印性:(朱肉の乗り易さ) ★★★☆☆


<角型個人印鑑をおすすめする理由>

丸型印鑑とまったく同様に、印鑑登録・銀行印登録ができます。
文字の四隅が丸型印鑑のように枠からはみ出ず、文字の「欠け」がありません。
四角形なので丸型印鑑より上下まっすぐに捺すことができます。
角型の個人印鑑を取扱う店が少く、他の印鑑とハッキリ区別できます。
古来、印鑑といえば角型が圧倒的に主流でした。有名な国宝・金印「漢委奴国王」も角型です。


<認印について>

役所や銀行にその印影を届け出て本人照合に用いられる実印・銀行印とは異なり、本人の「意思」を表明・確認するために用いられる印鑑です。

一般的に認印に求められる要素は「誰のハンコかひと目でわかる一定程度の可読性」です。

※ただし、社内など限られた範囲での使用により、誰のハンコか周囲の認識が得られる場合・状況においては、可読性は常に最優先要素とは限りません。

認印にお勧めの彫刻様式:
日本社会では個人の呼称に「姓」が用いられます。
従って可読性という観点からも、認印には「姓のみ彫刻」をお勧めします。
また文字配列についても、読みやすさを重視して「上→下」がよろしいかと存じます。

「太字」と「細字」について
優印体を除く角型個人銀行印対応の書体には「太字(細枠)」「細字(太枠)」の2パターンがあります。

太字(細枠):太い文字線が大らかに躍動するダイナミックなデザイン。
細字(太枠)文字線が細いのでより偽造されにくく、枠が太いので破損しにくい。

細い枠の印鑑でも、落下・衝突させないかぎり、通常使用や経年劣化で枠が破損する可能性はほとんどありません。

しかし認印は実印・銀行印より使用頻度が高く、それだけ落下・衝突及び摩耗のリスクも少々高まります。以上のことから、認印には枠の破損リスクの低い「細字(太枠)」書体をお勧めします。


<ご注文からお届けまで>

1、お支払い確認後2週間前後で印稿(下書き)を制作し、パスワード付きEメールにてお送りします。  
2、印稿をご承認ただいてから彫刻を開始します。
※ 印稿がお気に召さない場合、ご要望の点をできる限り反映させた修正稿を1週間前後で再度制作し、完成次第お送りいたします。
※ 筆印体は複数の印稿を一気呵成に書き上げますので、そこから1点お選びいただきます。
3、印稿ご承認後2週間で彫刻し、完成次第ヤマト運輸でお届けします(全国送料無料)。


<彫刻5年間保証>

【保証対象】
■印面(彫刻面)の破損により文字・枠の欠損。
※ご使用による印面の摩耗・紛失・消失・盗難は保証対象外です。

【保証内容】
■保証書記載期間内に、当該印章の文字・枠が欠落した場合、印面部を最小限に切削し、無償にて再彫刻するものです。

【注意】
■保証書に表示されている期間内に、当該印章と保証書を合わせてお送りください。
保証書なき場合、保証は適用できかねます。

■本保証は当該印章の印面部を切削して再彫刻するもので、代替印材を無償提供するものではありません。

■再彫刻する文字・書体は当該印章ご注文内容と同じものに限ります。

■再彫刻された印影は破損前のそれと同一にはなりません。実印・銀行印としてご利用の場合、行政機関・金融機関への改印届けが必要となります。

■本保証を適用して当該印章を再彫刻した後に、破損前の印影が必要になった場合でも、当店は一切の責任を負いません。また、本保証はお買い上げいただいた印章の破損により生じたお客様の不利益・損害を賠償するものではありません。

■破損印章・保証書をお送りいただく際、送料はご負担願います。
Copyright ©有限会社文福堂印房 All Rights Reserved.